ずぼらでもできる、美容に良いアプローチ

全てにおいて面倒くさがりなので、人生において省けるところはどんどん省いている合理的な生活をしています。
学生時代はコスメオタクでしたが、最近では外出時もほぼノーメイクです。イベントごとの時だけしぶしぶメイクをするほどずぼらになっています。でも副効用として、肌荒れしないというメリットがあるので、化粧をしないことがスキンケアにもなるという一挙両得だと思っています。

スキンケアはまず、洗顔からしてずぼらです。朝は洗顔しません。そのほうが肌荒れしませんし、たいして汚れていませんので、外出予定があるときのみ洗顔、しかも水洗いです。水で十分汚れが落ちますし、コスパも良いです。朝から洗顔フォームやせっけんで洗うと、皺の原因になると思ってます。
保湿はさすがにしなくてはいけないので、オールインワンゲルを使っています。これはトゥヴェールのもので、もう何年も使っていますが、なかなか調子が良いです。特に肌荒れもしませんし、一つで何役こなしているんだ、というくらい優秀です。有効成分がこれでもかっていうくらい入っているので、基本はこれ一つでスキンケア終了です。イオン導入とかもできるくらい成分にはこだわっているみたいですが、当然そんなことはやりません。肌荒れが気になるときは、少し多めにジェルをペタペタ塗って終了です。
make9
髪を洗うのはさすがに省けませんので洗いますが、全身同じもので洗っています。スーパーモデルも使っているという触れ込みのマジックソープをもう何年も使っています。二倍に薄めて全身洗えるので、かなりおすすめです。余分な添加物もはいっていないし、これで髪を洗うと、スッキリ汚れが落ちますし、クエン酸リンスをすると、美容師もびっくりするくらいサラサラになります。人に言うとビックリされますし、トリートメントいらずなので嫌味と言われますが、ぜひ試してほしいです。

家事育児で時間に追われる日々

人の子育て中専業主婦です。下がまだ小さいためなかなか自分の時間は取れません。何かをしていれば上の子からママー!!と度々呼び出しがかかり、間で下の子の授乳、オムツ替え、離乳食、寝かしつけ、そして家事…一日があっという間です。髪や肌の手入れをしたいと思いながらなかなか面倒である事と時間がとれません。綺麗にしているお母さんもいるんだから、言い訳だとは分かっていますが…そんな中でもどうにかお手入れをと思い始めたのが、「~ながらお手入れ」です。

まず髪は2人の子供とお風呂に入りますので、自分の髪を一番に洗いトリートメントをつけて束ねて子供の体を洗い始めます。洗い終わる頃には髪にトリートメントが浸透していい感じです。子供の体を流し自分の髪も流します。ゆっくり丁寧にはできませんので、子供の体を洗う間の時間を利用してパックをします。お風呂上がってすぐ子供に化粧水をつけるのと同時にたっぷり自分の顔にも化粧水をつけます。同時につけられるように子供と一緒に使える物を使っています。そしてつけた化粧水が浸透していく間に子供の服をきせます。着せ終わるころには浸透してますので、上から保湿クリームをつけます。

後でゆっくりと思っていると顔はあっと言う間にガビガビになってしまいますので、ここでもゆっくり丁寧には無理ですのでパッとつけれるポンプタイプの化粧水を常備しています。メイク落としはお風呂に入る前につけてなじませておきます。片付けなどがある時はつけたまま(2、3分)済ませお風呂へgoです。お風呂の湯気で蒸され流すとメイクもすっきり落ちます。最後に一番面倒なのが髪を乾かすことです。出来るだけ寝る一時間以上前にはお風呂に入っておき寝る前に少し、乾きやすくなってからかわかして寝ます。一日中家事育児に追われていますのでなかなか、理想の美容お手入れは、出来ませんがちょっと計画的にするようになってからトリートメントが出来るようになり、お風呂上がりに顔がガビガビになることはなくなりました。
しかしやっぱり理想はゆっくり丁寧におはだや体をいたわってやりたいです。
make5

全てがめんどくさいです笑

女性は化粧に無駄毛処理、お肌のケア、美容室、マツエクへ通う、等すごく大変です。
全部がめんどくさいので男になりたいとたまに思います笑
会社へ勤めているので化粧は欠かすことができないし、日々の肌のケアも
女性は毎月ホルモンの関係で不安定なのでこまめにしないといけないし本当に
大変だなと思います。また、半そでになる今の時期は無駄毛を週に数回手入れしないと
大変なことになるのでまたひと手間かかって大変です。
そこで、脱毛サロンへ通って日々の手入れの手間を減らしました。
脱毛サロンへ通うためのお金は安くありませんでしたが、脱毛することにより
無駄毛の処理を忘れたり、カミソリ負けに悩まずに済んでいるのですごく
楽になりました。

あと、お風呂上りに塗る化粧水もすごくめんどくさいので
スプレーのディスペンサーを化粧水のボトルにつけて
コットンに化粧水をしみこませて塗る手間を省かせました。
乳液と美容液を結構高級なものに変えたので適当にぬっても
肌の調子がよくなりました笑
美容院へも2、3か月に1回カラーリングとトリートメントとカットで
通っていましたがそれもめんどくさいのでカラーリングをしなくていいように
黒髪に染めてしましました笑
黒髪も少し流行りかけているので、いいかなとも思ったので!
トリートメントも自宅で毎日するようにしたので髪の毛も痛むこともなくなり
美容室へ通うのも4、5か月に1回程度になりました。
カラーリングをしないだけで毛先が痛まなくなったので
カラーリングをしなくなってよかったとも思いました。

友人たちは、マツエクへ通ったり、2か月おきに美容院へ通ったり
月1でネイルへ通っていますが、私にはそこまでお金をかけられないので
ここぞという結婚式やデートのときだけお世話になるようにしています。
それでも、美容関連のお店へ行くとやっぱりテンションがあがるので
気が向いたら行くようにしたいと思います。
もう少しマメな性格になりたいものです…
make7

日々の顔剃りがたまらなく面倒だったけどこの美容グッズで救われました

make3
日々の美容ケアで毎回面倒だなと思うのが、顔剃り。
年齢を重ねていくと、あちこちお手入れをしなければならない部位が増える一方なので、
1つ1つのケアがホントに煩わしくなってきます。若い世代の頃は混合肌やオイリー肌で悩む人が
多いですが、アラサ―を過ぎる頃から今度は逆に乾燥肌に悩まされるようになるんですよね。

肌がべたーっとしている時の顔剃りは比較的おこないやすいのですが、乾燥で肌がピリピリしている時の
顔剃りはホントに大変。クリームやジェルなどを塗って保護して剃っても、肌が乾燥で敏感になっているせいか、剃った翌日は一気に肌荒れが加速してしまったりとトラブルが絶えません。

また年齢肌で毛穴が大きく開きっぱなしなので、以前よりも肌表面がデコボコしてきて
剃りにくい感じがしてきたことで、さらにこの顔剃りが面倒になってしまったので他の方法を探していたら、フェイスシェーバーを発見。

カミソリでケアするのはそろそろ限界だと感じていたので、マイルドな剃り心地のシェーバーなら、
乾燥肌にはピッタリかも。実際使用してみるとボデイシェーバーと同様にほどよい剃りで痛くないんですよね。これならお手入れは苦にならない気がしました。

うっかり傷をつけることがなくなりましたし、使用方法が簡単ですし新鮮でお手入れが楽しくなりました。剃り具合の満足度は人によってそれぞれだと思いますが、粉をふくほどの乾燥肌ならこれぐらいの
剃りでちょうど良い感じです。

ボデイや眉のお手入れと違って顔剃りは頻繁におこなうわけではないので、このような美容器具で
十分だと感じました。方法しだいで嫌だったケアがこんなに楽しくなってしまうのですから不思議です。
先入観にとらわれず試してみる事が大切ですし、日々美容ケアはどんどん進化していくので、情報には
常に敏感になっていたいと感じました。